交通事故の慰謝料の金融面のポイントと通院期間

交通事故の被害に遭った際には、治療の為に一定期間は医療機関へ通院する事が必要になるケースが多くあります。この際には、加害者の加入している保険会社から慰謝料が支払われる事になりますが、交通事故の慰謝料は、幾つかの金融的なポイントが要点となり決められます。金融的なポイントとして挙げられるのは、通院した日数と保険の支払い金額です。これらの数値が掛け合わされることで、最終的な慰謝料の金額が算出されることが基本です。

そのため、怪我の度合いよりも通院した日数が重視され、一週間程度の怪我よりも三ヶ月程度の怪我のほうが金融的に大きな慰謝料が支払われる事になります。自賠責の保険で支払われる金額には限度があり、一定の範囲を超えてくる場合は新たな基準が適用される事が必要です。また、自賠責の保険で適用されている通院日数を超えた場合にも、任意保険の基準が適用される事になり、新たな算出方法となる事も知られています。交通事故の場合は、重度の傷害でも短期間に治療が終了して回復すると、通院の必要もなくなるので、その後の支払いは無くなる事が基本です。

しかし、交通事故のケースによっては、目立つ外傷はなくても後遺症が残るようなケースも目立ちます。代表的な例としては、後部からの追突によるむち打ち症などで、この場合は長引く後遺症を回避するために、鍼灸院などでの長期的な治療の必要性もあり、高額な慰謝料請求となるケースも見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です