賢く相続税対策をするには

税制改正により、相続税はお金持ちだけの心配ごとではなく、今や一般市民にも多いに関わってくるものとなっています。今まで税対策などしたことがなかったと言う人も、賢く対策をしていかなければなりません。現金だけでなく、土地単価の高い都市部などに家や賃貸物件を持つ方などは、特に注意が必要です。ニュースや情報番組などでも土地の有効利用や生前贈与などで、できるだけ相続税の負担を軽減する方法などを紹介することがあるので、相続方法などについてもご存じの方や相続について心配されている方も増えています。

土地があるのであれば、土地を遊ばせておかずに、賃貸物件などを建てることで、税負担を軽減できます。また、新たにできた、「結婚、子育て資金の一括贈与制度」を利用すれば、1000万円までは非課税となります。生前贈与は、毎月110万円までは基礎控除によって非課税となるため、毎月小分けに財産を贈与することも得策でしょう。あるいは、相続せずに、お金を借りたことにするという方法もあります。

しかし、借りるからには、借用書や利子、定期的な返済がきちんと行われなければ、認められません。さまざまな措置も取られていたり、税負担軽減の方法なども考えられますが、細かな決まり事や必要書類などもあるため、漏れなどがあれば、結局税負担は軽減されない結果になることもあります。また、相続の事情や状況は人によりさまざまです。そのため、知らないで税負担が大きくなることのないように、相続税が発生する方、相続税がどのくらいになるかなどが心配な方は、相続に詳しい税理士などにできるだけ早めに相談することをおすすめします。

広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です