相続対策はどうすればいいのか

遺産を相続するとき、何かしらの問題があっては、相続が円滑に進まなくなります。そうなる前に、相続対策についてよく考えておかないといけません。具体的にどのような対策をとればいいのか、よくわからない人が多いと思います。対策には大きく3つあり、遺産分割対策、納税資金対策、節税対策があります。

これらの対策について、どうすればいいのでしょうか。相続対策の中で特に重要なのが遺産分割対策です。これには遺言書があれば、問題なく遺産を分割できますが、遺言書がなければ相続人の間で深刻な争いに発展することがあります。遺言は法定相続人よりも権利が優先されるので、遺言書があれば遺産分割のほとんどが解決できるようになります。

相続対策には納税資金対策も大きなものになります。これにより、マンションなどの収益を得られる資産を贈与することにより、相続人にその後得られる家賃収入などを移転することができます。また、生命保険の活用もでき、被相続人が加入していて、受取人が相続人になっていれば、死亡保険金が入ってきます。これらを利用して、納税資金にすることができます。

相続で大きな存在になるのが税金です。そのため、節税対策もよく考えないといけません。長期で1年110万円の基礎控除を活用した贈与をしていれば、節税対策になります。配偶者控除を活用することも、節税対策につながります。

課税価格を引き下げる対策も可能で、例えば自身が所有する不動産を賃貸用にすることで、課税価格を引き下げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です