金融と相続を弁護士にまかせる

相続をする場合、いろいろなことが問題になります。それは、相続自体が不動産や、金銭という人にとっては欲を掻き立てる物を扱うからです。相続をする場合には、基本的には民法には規定があります。たとえば、祖父が1億円残して亡くなった場合、もし、配偶者が生きていて、子供が二人いる場合には、配偶者が半分の5000万円をもらいます。

残りの半分は子供達で分配するのです。この時配偶者が放棄をすれば子供にそれぞれ5000万円ずつ分配されるという決まりです。ただし、民法は任意規定のため、当事者が規定と違った分配の仕方をすることも可能なのです。例えば、子供の片方は親の言いつけに従わないので勘当された状態の場合は、その子供には一円も分配しないことも可能なのです。

このように、当事者で決めることができ、当事者で決めないのなら法律の決まりを適用することができる柔軟性があるのに争いが起きてしまいます。基本的に争いが起きた時は弁護士に依頼するべきです。弁護士は金融に関することを専門に行っている弁護士は多く、相続も金融機関とのやりとりがあるなど、相続も金融にも関係がでてきます。弁護士を利用する場合には、お金がかかるので依頼することを躊躇してしまう人も少なくありません。

ですが、弁護士に依頼しても莫大なお金をとられることはなく、相談料は無料のところは多いですし、着手金も割安なこともありますので、後世にまで遺恨を残すよりも、素直に相談するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です