金融に強い弁護士を雇えば相続も怖くない

遺産の相続と聞くと、どうしてもトラブルばかりで怖いというイメージを持つ人も少なくありません。そして実際に、遺産に関する紛争は毎日どこかの裁判所で必ず起こっています。普段から弁護士に相談するなどの十分な準備をしていなければ、金融関係のトラブルは避ける事が出来ないのが現状です。相続においてトラブルが起こりやすいケースは、相続人同士で遺産の分配額が異なる場合です。

これといった理由も無いのに遺言書によって自分の取り分が異常に減らされていたり、自分の名前が記入すらされていなかったりといった出来事は頻繁に起きています。これらが起こってしまう原因として、一方の相続人が無理矢理、故人に対して遺言書を書かせたという違法行為が絡んでいる場合もあります。金融財産を少しでも多く得るために半ば強迫に近い形で遺言書の作成を強要するケースです。この場合には完全な違法行為を行っている事になりますので、その遺言書は無効となります。

しかし、本当に強迫によって遺言書が書かれたものであるかを立証する事は大変難しいですので、金融事件に詳しい弁護士に相談することが大切です。また、遺言書に自分の名前が記入されていないために、遺産を分割してもらう事が出来なかったという金融トラブルも見受けられます。しかし、遺産に関する記載が遺言書に無かったとしても、遺留分と呼ばれる最低限これだけは受け取る事が出来ると法律で定められたお金がありますので、それを主張する場合には弁護士に相談すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です