金融資産の相続問題なら弁護士に聞いてみよう

見近な親族が亡くなった場合、様々な相続手続きをしなくてはいけません。最近、相続税に関する法律が改正されたことで、今まで相続税とは縁がなかった世帯でも課税される場合が増えています。なにか対策はされていますか。でも、どこに聞けばいいかわからない、という方は、一度弁護士に相談してみてください。

弁護士は、法律問題のプロです。金融資産が多い家庭では、残された親族が遺産をめぐってトラブルが発生する事例もあります。裁判になれば、解決するまで長い時間がかかることもあります。生前にお問い合わせいただければ、トラブルを未然に防ぐ方法をアドバイスできます。

また、現在、トラブルが発生してお困りの方も、一度ご相談ください。生前から、簡単にできる相続対策としては、夫婦の間で、どこの金融機関にどのくらい資産を預けているのか情報を共有し、連絡先を一覧表にまとめておくことです。いざとなったときの財産の調査をスムーズにできるようになります。また、金融機関からの借入金などもきちんと把握しておきましょう。

相続税の納付は、原則として全額を一回で納付しなくてはいけません。早めに対策しておきましょう。家族関係が複雑な方、例えば、再婚されていたり、隠し子がいる場合などは、遺言書を作成しておいた方が安心です。均等に分割することがむずかしい不動産を多く所有されている方にも、遺言書作成は有効な手段です。

弁護士ならば、遺言書作成のお手伝いができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です