相続の遺言書の確認を弁護士に実施してもらう

相続があるときには、一般的に二つのパターンが考えられます。一つは、亡くなった人が何の意思も示さずにそのまま静かにこの世を去ったパターンです。亡くなった人が結婚をしていた場合には法定割合によって遺産が分割されるので、配偶者が遺産の半分を譲り受け、さらにその半分を子供達に受け継いでいくことになりますので何の問題もなく手続きを終わらせることができます。しかし、もう一つのパターンである亡くなった人の意思が書かれている遺言書が存在する場合には、まずその遺言書にどのような内容が書かれているのかを調べなくてはいけません。

遺言書がある場合には、そこに書かれている言葉が亡くなった人の意思だと判断されますので、法定割合に書かれていない割合で特定の人物に遺産を相続させることも可能になるのです。ただし、このように遺言書がきちんと効果を発揮するためにはその遺言書が本当に亡くなった人が書いたものであるのかどうかということを証明しなくてはいけません。一般的に、こうした証明を行うためには医者や弁護士が立会いのもとに遺言書が書かれていることがベストです。遺言書は利用されるケースでは、都合よく文章が捏造されていたのでは意味がありませんので、それが正しい本人の意思であることを確認するために署名や判子だけではなく立会いが必要になります。

相続では大きなお金が動くこともあるため、不正な手続きがないようにこうした慎重な手続きが必要になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です