相続問題での弁護士費用について

相続については親戚同士で金銭や土地について話し合う中で、意見が食い違って感情的になりトラブルに発展するケースも多いです。そのためその道のプロである弁護士に依頼するのは得策です。ただ、せっかく相続したものから弁護士費用が引かれるのはいやだったり、高すぎて一般人の相続問題の場合、依頼するのは場違いなのではと依頼を躊躇する方も多いです。事前に費用の相場を調べて置くようにしましょう。

相続の場合の費用は着手金と報酬金からなります。依頼するにはまず着手金を支払う必要があり、争いが解決したときに報酬金を支払うのです。これは得られた利益に応じたもので裁判に勝った場合にその中の何パーセントかを報酬にあてるという形で支払います。ただ、それぞれの弁護士が自由に費用設定はできるためすべての事務所で同じ形式でやっているわけではありません。

しかし、昔は報酬規定というものが定まっており、今でもその規定をそのまま使用しているという事務所も多いので、大体の相場はそれを見れば分かります。それ以外に日当がかかるという事務所もあります。報酬規定のままのところもありますが、それ以上に安いところもあります。ただ、極端に安いところは逆に別のところで大金を支払わされたり問題解決してくれずに費用だけ払わされたりといった悪徳業者の可能性も高いので注意しましょう。

依頼するときは、信頼できる事務所選びをするようにし、書面などで費用をきちんと確認したうえで依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です