相続をする際には弁護士に協議の立会いをしてもらう

相続権を持っている人は、家族と一緒に遺産をどのようにするのかを協議する必要があります。確かに、遺産相続に関しては法律で規定が存在するのでその規定に従っておけば間違いないのですが、原則としてそのような規定が存在するというだけなので必ずその規定に従わなくてはいけないわけではありません。実際に、遺産を相続するタイミングというのは当人がその遺産を引き継ぐことに同意をした段階になります。仮に、遺産に関しては借金が多かったり権利を持っている人が引き継ぐことによって都合の悪い部分しかないような場合には権利の引継ぎを拒否することもできるわけです。

このような場合にもやはり本人の意思が何よりも尊重されるので、遺産をどのように扱うのかは必ず協議しなくてはいけません。遺産分割協議で同意した内容はそのまま役所に提出することが可能で、それが遺産に関する権利の行使の証明になります。遺産分割協議書には家族の中でサインが必要になるのでサインをしておき、遺産の分割に関して何の意見もないときには書かれている割合によって分割することに同意をすることで遺産を家族の共有から単独所有にすることができます。もちろん、これ以外にも遺言書があるなどの特殊な事情が存在するのならばその事情も考慮しなくてはいけません。

基本的には、家族の中で分割するのならば法定割合を基準として弁護士に相談をして遺産分割協議をして同意をすればそのまま単独所有とすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です