相続手続きは必ず弁護士などの専門家に相談を!

相続とは亡くなった人の財産を受け継ぐことです。世間一般では財産を相続するというと「多額のお金」という印象が強いように思われますが、相続の現実はそうではありません。受け継ぐのは貯金や土地、不動産、有価証券だけではありません。その人が大事にしていた家具や本、服なども受け継ぐことになります。

その人が亡くなる際に有していた物は一円玉から米粒一つに至るまで受け継ぐことになると言えます。また、目に見えない権利も対象になります。ですが、気をつけなければいけません。亡くなった人の財産とは決してプラスだけではないのです。

借金や人に何かをする債務などのマイナスも相続財産に含まれますので、受け継ぐのは決してプラスだけではないという点を頭に入れておく必要があります。プラスとマイナスを計算しマイナスが多かった場合はいきなり多額の借金を背負ってしまうことだってあるのです。財産を受け継ぐこと、これを言葉通り捉えて多額の預貯金や有価証券を想像していると痛い目を見るかもしれませんよ。ですが、ご安心ください。

ある日いきなりほとんど面識のなかった伯父の財産を相続し知らない内に債務者になっていたということがないように、法律はきちんと対策を講じています。その人のプラスとマイナスを全て受け継ぐことを単純承認といいます。単純承認に関しては手続きは必要ありません。手続きをしなかった場合はこの方法で財産を受け継ぐことになります。

他に限定承認と放棄という方法があります。限定承認は受け継いだプラスの範囲でマイナスを受け継ぐことで、放棄はプラスもマイナスも全て受け継がないことです。マイナスが多い場合、多そうな場合はこの二つの方法が有効です。ですが、限定承認と放棄の場合は裁判所で手続きをする必要がありますので個人で行うよりも弁護士に相談した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です