相続に関するお悩みは弁護士に相談を

皆さんは相続について考えたことがありますか。自分の大切な人に財産を残してあげようと思って遺言書を書いたとしても、例えば自筆証書遺言の場合は全て自筆で書かなければいけないなど、形式によって違いがあり、その形式に合わなければ無効になってしまうかもしれません。遺産分割でも交渉が必要になるでしょう。また、兄弟の一人だけにすべての財産を残すといったような遺言を残されてしまったときは、遺留分を主張することを考えなければいけません。

また、かなりの額の借金を残した親の財産を引き受けたくないときは、相続放棄も考えなければいけませんが、兄弟などがいた場合は、全員の協力が必要となってくるので、交渉をしなければいけません。このように、相続の問題は手続きが非常に複雑であるうえに、交渉が必要となる事が多く、自分一人の力で解決しようとすると、多くの時間と手間がかってしまい大変です。そこで、弁護士に任せるのが一番です。弁護士はこういった問題を数多く扱っているので、自分で解決しようとして思わぬトラブルを招いたり、受け取れる財産が本来もらえるより少なくなってしまうなどの問題を防ぐことができます。

もちろん依頼するとなれば費用がかかりますが、自分で解決しようとした場合の時間的・精神的な負担や、思わぬ失敗をしてしまうリスクを考えるとかえって弁護士に依頼するほうが安上がりかもしれません。また、弁護士には、それぞれ得意分野があるので、相続の分野に詳しい弁護士を選ぶことも重要です。適切な解決策を見つけてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です