相続で悩みを抱えているのなら弁護士の利用を考えよう

人が死亡すると、その人が所有していた財産は遺族に相続されます。現在、若い世代の経済状況は上の世代と比べると悪いので、遺産をめぐってトラブルが発生することがあります。具体的には遺産の分割方法や、当該財産が相続財産を構成しているのかといったことが生じます。また、生前に贈与されていた分が、相続の範囲に含まれるのかといった問題も生じることでしょう。

このようなことを避けるには、故人が生前に、遺言によって財産の分割方法を定めておく必要があります。そうすれば、遺言の効力が法的効果を生じるので、問題が起こりににくくなるのです。しかしその場合でも、その遺言が本物かどうかという点で争いが生じる場合があります。そうなってくると泥沼化し、一向に遺産の分割がなされないこととなります。

そういった時は弁護士の出番です。すでに現在まで、多くの相続問題が裁判で争われてきたので、判例は充実しており、当該事例ではどういった解決が妥当であるのか、弁護士は知識を生かして助言をしてくれます。そして、そのことが当事者間での話し合いをスムーズにすることもあります。また、仮に家事審判や訴訟に発展したとしても、代理人として依頼者のために力を尽くしてくれます。

法律に詳しくないと、自分には権利がないのではとあきらめてしまうことがありますが、実際は正当に権利が主張できるということもあります。したがって、相続で悩みを抱えているのであれば、一度弁護士に相談して、ベストな結果がもたらされるように行動してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です