相続時のトラブルを避けるためには弁護士が必須

相続時には、親族間で各自の取り分を争うケースが出てきます。円滑に相続を終了させるためには、弁護士を間に立てるのがセオリーです。相続時には民法の深い知識が必要不可欠になるので、専門家の意見が必要になります。遺産が貯金だけなら何も問題はないのですが、分割不可能な不動産が財産として残されるパターンは枚挙にいとまがありません。

適切に不動産を現金化して分配する手続きも、弁護士にしてもらわないとトラブルの種にしかなりません。相続人の数が多くなればなるほど、意見をまとめるのは困難になります。ときには裁判をして権利関係を判断してもらわなくてはならない場合も出てきます。ですので理想としては、生前から弁護士を雇って、死後にトラブルとならないよう準備をしておくのがいいでしょう。

本人が生きているうちに意思を確かめておけば、後々揉めることも少なくなります。「終活」という言葉がブームになってきているように、きちんとこの世を去る準備をしておくのがベストです。確かに、自分が死ぬときのことはあまり考えたくないものではありますが、親族間で禍根を残すよりはずっといいはずです。家族の絆を壊してしまわないよう、あらかじめ遺産分配については協議しておくべきです。

相続問題に強い弁護士の先生がいるので、そういった人に仕事を依頼しましょう。民法のなかでもとくに複雑な部分なので、経験豊富な人にお願いをしなければならないジャンルだと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です