交通事故の慰謝料と示談金にまつわる金融のポイント

交通事故で加害者となった場合には、金融的な償いが必要とされます。これは、最終的にお金以外の解決方法がない為で、よほど大きな交通事故でない限り、一定の金額を支払う金融的な方法で交通事故の問題を解決に導きます。しかし、交通事故の際に、加害者が支払うべき金融的な要素には多くの種類があり、その中には混同しやすいものも見られます。それゆえに、それぞれの補償の内容を正確に把握しておく事が大切です。

交通事故の金銭的な補償の中でも、最も知名度の高いものに慰謝料が挙げられます。慰謝料は被害者の事故で負った負担を償うものです。この慰謝料には方式となるべき基準が設定されている為、被害者の怪我の度合いに応じ、加害者の加入している保険会社の負担すべき金額が瞬時に算出出来るようになっています。そして、事故の際に負担すべき金銭的な補償の中でも、慰謝料と間違えやすいものが示談金です。

示談交渉は、裁判を行わずに事故の当事者が和解を目指すもので、両者が納得出来るポイントを見出す事が目的とされます。示談金には慰謝料も含まれた総額で提示される事が一般的で、損害賠償という名目以外にも、被害者への謝罪の役割や、事故についての守秘義務の厳守など、様々な役割を担うものです。そのため、示談金は被害者側の負担の度合いにより変化します。示談金には明確な算出方法は無く、両者が合意する事で決まるものであり、裁判を回避して事故の問題を解決する為には不可欠な要素です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です