相続放棄は弁護士に相談を

被相続人が借金を残して死亡した場合、その借金は誰が引き継ぐことになるのでしょうか。何の手続きもとらずに放置していれば、相続人がそっくりそのまま引き継ぐことになります。しかし、放棄すれば借金を負担しないですみます。放棄をするかしないかで、その後の人生が変わるかもしれません。

相続は他人事ではありません。必ず自分にもやってきます。事前に正しい知識を身につけておけば、別におそれる必要はありません。時間のあるうちに弁護士に相談しておくと安心です。

放棄の手続きは、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申述する必要があります。3ヶ月を経過した場合や、遺産を使ってしまった場合は、単純承認したものとみなされ、放棄ができなくなります。とくに、注意すべきは亡くなった人が連帯保証人になっていて、家族がその事実を知らない場合です。借金の存在を知らないわけですから、放棄の手続きを採るはずがありません。

貯金も葬儀代や入院費として使っている可能性があります。すでに3ヶ月を経過しているかもしれません。債権者は、そんなことはお構いなしに、借金の返済が滞れば、借り主のみならず連帯保証人にも請求してきます。連帯保証人の地位は相続人に承継されるので、知らずのうちに自分が連帯保証人になっていることもあるのです。

こうなれば、もはや素人の手には終えません。弁護士に依頼して何とか解決策を模索してもらうしかないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です