相続問題発生の事前事後に弁護士へ相談

相続に関する問題は、財産的価値のある全ての権利義務に渡ることから、どんなに良好な関係にある家族や親族であっても多かれ少なかれ発生する可能性を秘めています。また、相続自体が一生の中で頻繁にあるものではなく、多くの方がその方法や対処の仕方に不慣れで、いざ開始する又はしたとしても、どうすれば良いのか分からないことも少なくありません。そこで、これに関する問題を事前・事後に解決する方法の1つとして、専門家である弁護士に相談することが挙げられます。そのメリットは、事前に相談する場合は、死亡によって開始される行為の性質上、生前に問題発生を未然に防ぐ予防対策を講じることができ、一方で事後に弁護士に相談する場合には、実際に遺産の継承に関する問題をクライアントの意向に沿うよう公平且つ迅速に対処する点にあります。

そして、事前相談では、厳格な書式が求められる遺言の書き方や生前贈与を含めた遺産の分割方法のアドバイスが受けられ、また最期の意思を忠実に反映する為、遺言執行人として依頼するなどもできます。一方で、事後の相談では、それぞれの状況に応じ法的に適切なアドバイスが受けらることの他、代理人として依頼した場合には、相続人間又は調停での交渉、更に裁判での争訟に於いて自らトラブルへの参戦を避け円滑に解消が図れます。また、現在弁護士への相続相談では、通常予約制により初回30分までなど無料で受付する事務所が多くあることから、気軽に相談することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です